from manhattan*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
感謝すべきは
070117-5.jpg

かんしゃ 感謝
((give one's))thanks
((express one's)) gratitude


朝から活動です、とはいえ11時の待ち合わせ。でも、朝が苦手な私としては、活動的な1日が朝から始まりました。tktsでコーラスラインのチケットを買うため友達と待ち合わせしたのに、知っているつもりのtktsのブースが本当はどこにあるのか分からず、タイムズ・スクエアをウロウロ、それでも見つけられず、交番に行ってお巡りさんに聞いたけど、自分がいる場所を理解していなかったみたいで、歩いていったら逆方向に進んでいるのに気づき、もう~、気温は氷点下の予報、耳が千切れるかと思うほど寒かった。

で、どうにかたどり着いた時には、コーラスラインのチケット片手に友達二人、待っていてくれました。どうもありがとう。

その後、お昼に韓国料理を食べ、2時からのミュージカルを観たのですが、英語が完璧ではないと面白くないと思います。私は、全く英語が出来ないので、どのミュージカルを観てもよく分からないけれど、それでも何となくストーリーが分かったり、舞台や衣装、歌を楽しめるのですが、最後までダンススタジオの中でのお話で、もう、一人が話す話が長い。観て良かった点を挙げるなら踊りを観れたこと。やはり上手でしたよ。映画で復習したいと思います。

そして水曜日、生花の稽古があるので、その後教室に行ったのですが、そこで、え~、と生徒さんから不満の声、それは私だけだったかもしれませんが。

急に思い立ったのかどうかは知りませんが、先生が唐突に

3月のこのクラスが終わってから、生徒で花展をしましょう。
花材も花器も自分で選んで持参して。
1位の人には花器をプレゼントするので、がんばりがいあるでしょう。

先生一人、妙に楽しそうで、嬉しそうで。この先生、すごく厳しいんです。以前も生け方の基本があり、それを絵に描いて正しければ、その日の稽古を始められると。微妙に描く線が違っていて、何度も何度も描き直しをさせられたのを覚えています。

今回の花展も、いつも与えられた花材を生けているだけでは上達しないから、自分で選ぶのも大切なことと、先生曰く。それは分かるのですが、かなり難しいこと間違いなし。それでも、選び始めたら楽しいのかもしれませんね。と先のことはあまり考えないようにしよう。

今日の花材は、猫柳、水仙とアスターです。生花(しょうか)の二種生だったので、アスターは使いませんでした。

日本の新聞で水仙が見頃と読みました。この時季、よく日本の稽古では水仙ばかり生けていました。日本の水仙は小さな白い花で可憐で好きでしたが、こちらの水仙は黄色で大きく、かわいくない。それでも、好きな生花を遠く離れたニューヨークでも習えること、生花だけでなく、日本で習っていた陶芸に料理教室、違う環境ででも同じように習えること、とても恵まれています。ほんと、お礼を言いたいくらい恵まれているな~。と思います。誰に感謝すべきなのでしょうか?

夫がこのブログを操作できるなら
きっと、理解ある夫。と書き足すことでしょう。


070117.jpg

070117-1.jpg

070117-2.jpg

070117-4.jpg

070117-3.jpg





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。